がんを公表した・有名人・著名人~診断されるまでのいきさつを調べてみた

がんを公表された有名人の方たちの、「がん発覚」までのいきさつを知ることで、少しでも早期の発見の手掛かりにでもなればと、時間をかけて事例をまとめていきたいと思います。

目次

今井雅之さん

腹痛が続いてクリニックで受診したところ「腸の風邪」と診断され。症状は一向によくならず3か月後に仕事先の西宮の病院でCTでの検査を受けたところ、がんが2、3か所腸を塞ぐ「腸閉塞」のような状態で発見される。

今井さんのように進行がんであっても、すぐに癌と診断されなかった。この症例を見るといかに初期の段階で「がん」を見つけることが難しいこともわかりますね。

かかりつけの病院で「大丈夫」と言われれば安心しますよね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる